現代人に多い鼻づまりの症状は体に異常が起こっている証拠

婦人

聞こえの力を補うために

笑顔の男性

両耳装用がベストです

聞こえの力が衰えてきたときに、自身をサポートしてくれるのが「補聴器」です。近年では、低価格で導入しやすいタイプの製品が増えたことからも、使用する方が多くなっています。しかし、いざ補聴器を使おうと思ったときには、その選び方について、頭に入れておくべき注意事項があるのも事実です。補聴器は、選び方が難しい製品としても知られています。大切なのは、自分に合ったものを見つけること。そして両耳で装用することをオススメします。高価な機器だからと、片耳だけで聞こえの力を補おうとする方がいますが、両耳できちんと聞こえる状況を作り出すことで、騒音によるトラブルや、どちらの方向から声が木興他のかわかりづらい、などの問題を防ぐことが可能です。

それぞれの特性を知ろう

さらに補聴器の選び方で知っておいた方が良いことは、様々なタイプの製品が持つ、それぞれの特徴についてです。たとえば耳の穴に差し込んで使うタイプの補聴器は、外見的にもわかりづらく、コンパクトに扱うことが可能です。しかし難聴の度合いが重度となると、対応が難しくなってしまいます。反対に耳掛け型やポケット型の場合には、重度な難聴にも対応できる可能性があります。その他にもメガネ型の補聴器があり、それぞれが一長一短の特性を持っています。自分のライフスタイルや聞こえの力の状態に合わせて選ぶ必要があるでしょう。また、補聴器の選び方に詳しい一般の方は、それほど多くないでしょう。自身の聞こえの状態をきちんとチェックしたうえで、適切なアドバイスをしてくれる耳鼻科やクリニック、専門家を見つけることも大切です。